白い詰め物・被せ物

銀歯が気になる方へ

詰め物や被せ物を白くすることで悩みを解消することができます

「笑うときなど、口を開けたときに銀歯が見えてしまう」「写真に銀歯が写るのが嫌だ」「金属アレルギーで困っている」。銀歯が気になる患者さまからこのようなご相談を受けることがありますが、セラミックなどの白い詰め物・被せ物で悩みを解消することが可能です。
歯の先端や歯茎の部分に金属が見えてしまって気になる方は、天然歯に見える詰め物被せ物に変えて美しい口元を目指しましょう。

銀歯のデメリット

金属アレルギーで現れる症状はさまざまです

銀歯のデメリットとしては、見た目が目立ってしまうことがありますが、より切実なのは、金属アレルギーが起こってしまう可能性があることでしょう。金属アレルギーの症状はさまざまですが、口内炎のような炎症反応が起こってしまったり、手足にぶつぶつができたり、時計のベルトに含まれるクロムに反応してベルトと接する肌の部分が赤くなってしまったりすることなどが挙げられます。

金属アレルギーが起こった場合の当院の対応

東京医科歯科大学と連携し、原因を突き止めます

金属アレルギーが起こった患者さまに対しては、院長の母校でもある東京医科歯科大学の歯科アレルギー外来と連携し、専門的な検査を行って症状を引き起こしているアレルゲンを特定します。そして、患者さまの詰め物や被せ物についても成分分析を行い、両者が一致した場合に、具体的な対策を開始します。

白い詰め物・被せ物の種類について

オールセラミック

見映えを良くしたい方の第一選択になりやすい素材です

セラミックとは有田焼などの陶器に使われる陶材のことで、素材のすべてがセラミックでできているものをオールセラミックと言います。見映えが良くて天然の歯に近いほか、表面がツルツルとしていて滑らかであるため、歯垢がつきにくいというメリットもあります。硬いことも長所の一つですが、その一方で、瞬間的な強い衝撃に弱い側面もあります。
口を開けると外から見えてしまう部分の歯の見映えを良くしたい方には第一選択となりやすい素材です。

メタルボンド

金属の上にセラミックをはりつけた素材です

メタルボンドとは、金属の上にセラミックをはりつけた素材のことを言います。セラミックよりも安価であるほか、歯を削る量がセラミックよりも少なくて済むため、神経が生きていて削ると染みてしまいそうな場合などに検討する素材の一つになり得ます。

ハイブリッド

プラスチックとセラミックを混ぜた素材です

歯科用のプラスチックであるレジンとセラミックを混ぜた素材です。セラミックやメタルボンドよりも安価です。またセラミックよりも柔らかいため、歯ぎしりがひどくてセラミックだと自分の歯を摩耗してしまう場合などに検討する素材の一つになり得ます。しかし、柔らかいハイブリッド自体が2,3年するとすり減ってしまう可能性があります。見映えは良いのですが、それでもセラミックに比べると色味や光沢の良さは劣ります。

  • 西新井デンタルクリニック オフィシャルサイト
  • スタッフブログ blog

  • 歯科100選2018年
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、西新井デンタルクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3848-3055
  • お問い合わせはこちら