クリーニング・ホワイトニング

メンテナンスの重要性

見映えの良い歯を保つ上でもメンテナンスは大切です

予防のほか、審美歯科的な意味合いでも定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことは大切です。下で説明しているPMTCで着色を落とすことで見映えの良い歯を保てるほか、むし歯や歯周病の有無を確認し、PMTCで汚れを落とすことなどで、見映えの良い詰め物・被せ物を長持ちさせられます。

PMTC(クリーニング)

専門的な技術を使って、歯垢・バイオフィルム・着色を落とします

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は歯科医院が行っている歯のクリーニングのメニューの一つです。歯科衛生士が専門的な技術を駆使して歯をきれいにします。

歯垢やバイオフィルム、着色を取り除き、きれいに磨き上げます。バイオフィルムは細菌が集まった薄い膜のことで、むし歯や歯周病の原因になります。ブラッシングでは取りづらいため、PMTCを受けることが有効です。

歯と歯の間の汚れはフロスなどを使って除去し、最後にむし歯予防効果のあるフッ素を塗布します。

ホワイトニング

当院ではホームホワイトニングを採用しています

ホワイトニングとは、歯に専用の薬剤を塗ることで歯を白くする方法です。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと患者さまがご自身で取り組むホームホワイトニングの2つの方法がありますが、当院ではホームホワイトニングを採用しています。

ホームホワイトニングとは

自分のペースで取り組め、後戻りが少ないのが特徴です

ホームホワイトニングとは、患者さま専用のマウスピースを作り、そこに薬剤を入れ、はめていただくことで歯に薬剤を浸透させていく方法です。マウスピースは食事のときなどに取り外すことができるため、患者さまに合ったペースでホワイトニングに取り組めるほか、オフィスホワイトニングに比べて後戻りが少ないのが特徴です。また、色が戻ってしまった場合も薬剤を追加で購入すれば再度ホワイトニングに取り組むことができます。

その一方、自分のペースでできるからこそ、患者さまのホワイトニングへのモチベーションによって効果が変わる場合があります。

痛みはあるの?

まれに染みることはありますが、つらさを感じるほどではありません

一般的に、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて痛みが少ないと言われています。歯ぐきが下がっている人の場合はまれに知覚過敏で染みてしまう場合がありますが、そのことを含めても、当院の患者さまの中には、つらい痛みなどを感じられたと言われた方はいません。

どれくらいで効果が現れますか?

2週間ほどで効果が現れることが多いです

ホームホワイトニングでは一般的に2週間ほどで効果が現れることが多いです。効果が出ないようであれば薬剤を追加して3、4週間ほど試していただきます。当院でも経過観察をしてフォローいたします。

ホワイトニングを行うときの注意点

色の濃い食べ物を控えるようにしましょう。

ホワイトニングを行うとき、特にマウスピースを外した直後は色の濃いものを食べないようにしましょう。色の濃いウーロン茶、コーヒー、カレーライスなどです。薬剤の作用で歯の表面のエナメル質が弱っているため、まれに色がついてしまうことがあります。注意するようにしましょう。

  • 西新井デンタルクリニック オフィシャルサイト
  • スタッフブログ blog

  • 歯科100選2018年
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、西新井デンタルクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3848-3055
  • お問い合わせはこちら